「類推の山」(ルネ・ドーマル著)/“Le mont Analogue”par René Daumal に捧ぐ 田中章滋

 山よ、私の額の赤斑に     
 刻まれた日々の夢よ     
 耀よう星の最高搭に     
 自由の自由が棲むという      
 「高みへ、高みへ」      
 いつか聞いたあの声よ      
 「彼方へ、彼方へ」と     
 私を呼ばへ     
 山よ、私の身体よ     
 たとえ限りがあろうとも     
 私は登り続けよう     
 そして何度も蘇れ     
 たとえ牧場の露と消えても     
 たとえ湿原の虹と消えても

ドーマル
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.