「縞瑪瑙」        田中章滋



縞瑪瑙には、
朝焼けが隠れていると、あなたは言った。
それは高い糸杉の梢から明るんでいき、
やがて煙るように、
木菟の耳と大きな両目の形をした、
島陰に守られて立ち上る
白い虹のようだと、あなたは言った。

それは指でなぞると仄かに光りだし、
やがてひとつひとつの縞を伝わり、             
緩やかな丘陵をすべる露となって拡がっていく。

孔雀の睫毛のように、
ヒースの野原がざわめく。
あなたはドレスに風を孕ませて、
薄明の懸崖に立ち尽す。

何処からか硝煙の匂いがして、あなたは振り向く。
そして火打石たちの戦いがそこに現じているのを見、
虚ろに響く甲冑の音を聞く。

エヴァリスト・ガロアはその朝、
保型関数の論文を書き遺し、
決闘に赴いたのだった。
恋文は腹に受けた傷ごとあの世に持ち去ってしまった。
若死にするに勇あるのみと溜息して
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.