何とも不愉快極まりない夢を見た。

 私は或る現代美術の展覧会に参加しているらしい。白を基調としたありがちな建物の広大な一階フロアから
地下の事務所でオーナーらしき、というか女性のオーナー自身何らかの美術家の様子で、今期は彼女も出品者
となっている。新参者の私はよく事情が掴めず、本日予定の美術家、観客全員参加のパフォーマンスがどんな
ものなのか皆目分からない。長髪に年期の入った髭の男が居て、そいつがこのパフォーマンスの発案者らしく、
詳しいことを訊こうにも、盛んにオーナー女性と打ち合わせ余念なく、取り付く島もない。

 それに一体、何だって自分は体操選手のような白のタイツを穿いて来たのだろう? この間抜けな格好だけ
でも、あらためて事情を訊こうとする者の姿ではない。どう見てもやる気満々ではないか! しかも、自分と
してはこれはリハーサルか練習用に身動きがいいようにと選んだのだったことを思い出した。参加者なのか、
それとも画廊サイドの人間なのか、スキンヘッドの若者に声を掛けると「まだ開始まで大分時間がありますの
で、散歩でもなさってきたらどうですか」と促され、白い画廊を出て行く。それにしてもこの格好、道行く人
が皆好奇の目で眺めるので、全く落ち着かない。この格好で都心までやって来た筈なのに、卒然と羞恥心に塗
れる。

 居たたまれず画廊に戻ってみると、スキンヘッドがまだ時間があると言って居たにも関わらず、既にパフォー
マンスが始まっている。しかも案に相違して音楽が鳴って居り、昔流行ったリトミークのような整然とした動
きで、誰がパフォーマーで誰が観客かまるで分からない。それに、自分一人がタイツ姿で他は皆私服である。
何やら自分だけ除け者にされているようで、全く得心がいかない。昔劇団の美術を担当した時、観客全員に仮
面を付けさせたことを思い出し、これが何かの演出意図なら、完全な悪意に違いない。そう訝りつつ、内心な
んとかせねば、何とかせねばと焦っている。そもそも私はアンチ現代美術だ。公言すればオーナーの歓心を買
えぬので黙っているが、現代美術など低能なやつばらがスノッブぶってする詐欺行為と看做している。

 ここでもっともアナーキーな振る舞いは、全て取り仕切っているらしき髭野郎をぶん殴るパフォーマンスだ、
と心に決めるが自分はただただ全体主義を思わせる周囲の雰囲気に飲まれて、手も足も出ない。

 音楽が止む。すると次々とパフォーマンスが始まるかと思いきや、ただただ相手を見合って何もする者が現
れない。私語などが始まり、まるで緊張感もなく、只管誰か何か始めぬかと待機の構え。主催者もおろおろし
始めている。どいつもこいつも観客だ。全く、人に命じられねば何も出来ぬとは...。

  「黙って見ていれば、呆れ果てた人達だ。予め決めてあった筈だ」、そう私は口にしている。

 ということは、これは自作自演なのか?

 そう気づいた瞬間目が覚めた。不愉快な理由は、夢の中でも、憎むべき登場人物が、全て自分の影だと薄々分
かっていたからである。
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください