『山乃食堂』                   田中章滋

『山乃食堂』は客に何もかも調理させる新手(あらて)のレストランだ。
 客は<山>と大書してある暖簾(のれん)を潜(くぐ)ったところから、
あ、これは拙(まず)いことになったと気づく。

 鬼婆(オニババ)が血眼で客を凝視するからだ。品書きは一品のみ。
人食い。だが、客は初めから蛇に睨まれた蛙の定め。踵(きびす)を返す
など到底叶わない。

 鬼婆は牙の生えた口で「いらっしゃいまし、包丁、研ぎなせぇ。」と命
じる。客は否応なく先客に倣(なら)って包丁を研がざるを得ない。

 見ると何処(どこ)も桶と砥石と出刃包丁の満席だ。砥石を滑る包丁の
快音。シュー、シュー、シュー。それは図(はか)らずも、鬼になってし
まった客の泣き声のようにも思える。

 そして、研ぎ終わった者から、んばぁー、と奇声を上げ、血走った鬼の目
をして狩りに出かける。次の客を捕まえに行くのだ。

 おや、わたしにも、一席空いたようだ。


山姥
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.